柳川栄一郎
シニアアナリスト
 // . //  グローバルチーム紹介 //  柳川栄一郎 Eiichiro Yanagawa

オリバー・ワイマン・グループの金融技術リサーチ部門であるセレントにおいて銀行業務分野を担当するシニア・アナリストで、東京オフィスに所属しています。

リサーチ・テーマは主に、日本とアジアの銀行・金融業界におけるIT戦略の問題で、最近の調査には、銀行勘定系システム、ATM、マネーロンダリング対策(AML)技術などがあります。調査の重点は、創造的破壊を促進する3分野のテクノロジーで、具体的にはイノベーション、デジタル、そしてレガシーおよびエコシステムのトランスフォーメーションです。これまでのコンサルティング経験には、銀行IT戦略の開発、事業継続をサポートするシンクライアント/デスクトップ仮想化、基幹システムをホスティングするデータセンターの評価、さらにAMLやリスク管理、その他のテクノロジーのベンダー選択などがあります。

コメントや実績は幅広いメディアで取り上げられ、『日本経済新聞』、『日経BP』、『ITmedia』、『ジャパンタイムズ』、『Bloomberg』、『SNL/ S&P Global』、『Gtnews』、『The Trade Asia』、『Asia Insurance Review』、『Asia Risk』、『Asian Banking & Finance』などで、多く引用されています。

セレント入社以前は、日本電気株式会社 (NEC、本社・東京) のグローバル金融ソリューション部門および国内地域金融向けソリューション部門のチーフマネージャーを務めました。その際にはNECの勘定系システムの開発、戦略的マーケティング・プランニング、金融機関システムのコンサルティングを担当しました。それ以前は、ニューヨークのNEC Corporation of Americaの金融サービス部門でゼネラル・マネージャーを務めました。

静岡大学で経済学の学士号、一橋大学大学院商学研究科でMBAを取得しています。